So-net無料ブログ作成

半月板損傷はMRIでほとんど判別可能です [健康]

半月板損傷はMRIでほとんど判別可能です。他にも膝の痛みの原因疾患はたくさんありますので、膝の痛みだけでは半月板損傷とは断定できません。検査はされましたか。レントゲンとかMRIなどは。見た目だけで判断したのならともかく、MRIなどを撮影した上で整形外科の専門医が半月板損傷を見逃す可能性は低いと思います。
仮に誤診だとしても、半月板損傷とは限りません。巨人倍増 販売

膝の半月板の損傷から、手術をされたのですね。お話を聞く限りでは、半月板だけの問題ではなさそうです。半月板の損傷だけでは骨を削る治療をしたり、治療後、正座ができなくなったりすることは無いと思われます。また、人工膝関節の治療が必要である病気は変形性膝関節症が主です。変形性膝関節症は膝の軟骨がすりへり、痛みが伴います。曲げ伸ばしはとても痛いです。それに伴って半月板がちぎれたり損傷したりします。また、人工関節は寿命があり、20年くらいすると人工関節がすりへってしまい、もう一度手術しなくてはならなくなるため、若い方に手術はしない方針の医師が多いようです。根本的な治療はやはり人工関節の手術と思います。ただ、人工関節になって正座ができるとはかぎりません。生まれたころから共にしている、とてもがんばってきた、証拠の膝ですね。

膝の部分が、身体障害の認定を受けていれば、自立支援医療制度を使って医療費減免を受けることは可能です。身体障害の認定を受けるほどの状態になっていれば申請OKです。ただし、半月板除去のみでは難しいかもしれません。人工関節は、チタンなどの金属で、関節の機能を代替するものです。非常におおざっぱに言えば、虫歯治療と同じく、金属を埋め込みます。ただ、関節は動くところなので、2種類の金属を入れて動くようにしています。

人工関節、今は15年とか20年持ちます。再度人工関節を入れることも行われています。私の知っている床屋さんは、人工関節手術をして、中国に行ったり、もちろん店に出て散髪しています。

身体障害者の手帳の等級は上がりますが、生活は結構楽になります。ただし、階段の上り下りは、関節に障害がある方の場合には結構大変です。人工関節にした場合にどうかということは、良く分かりませんが、身体障害者手帳が取得できれば、公営住宅の身体障害者対応住宅の可能性も広がると思います。人工関節の注意事項は、転ばないことです。

身体障害者手帳は、身体障害者福祉法第15条指定医師に診断書、意見書を書いてもらいます。主治医が認定を受けていれば一番良いです。同じ病院に指定医が居る場合もあるので主治医にご相談をすることが適当でしょう。診断書、意見書の用紙は、住所地の区市町村役場で貰えます。診断書、意見書、申請書、写真と一緒に区市町村役場に提出し、認定結果を待ちます。人工関節を入れた場合には、1カ所で4級、2カ所で3級相当です。公営住宅では、身障対応住宅もありますが、数は少ないです。手帳を持っていることで、どれだけ優先されるのかは自治体によります。巨人倍増 販売
トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。