So-net無料ブログ作成

構音障害を簡単に言うと、うまく発音出来ない障害です [健康]

子供の発達途上において、生体の機能の一部が成熟しないでとどまっている状態。広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、知的障害、発達性言語障害、発達性協調運動障害などがある。特異的発達障害でしょうね。中でも難語を話したりするのは発達性言語障害で、計算が不得意で字が読めないのは学習障害です。チックの症状も5~10歳の子供に多くみられます。原因として、何らかの脳機能の発達障害や成熟の遅れによるものではないかと考えられていますが、詳細は不明です。発達障害や自閉症を診られる専門の病院で検査を受けることをお勧めします。女性用媚薬

私は広汎性発達障害と診断されています。あなたが書いたのと似たような
状態になります。でも障害者枠ではなく、普通に仕事しています。発達障害そのものは基本的に治りません。自分で生活を工夫すること、周囲の理解と支援を受けることが大切です。遊んでいる場面や親子のやりとりなどを専門的な目で観察して“特異的~”ではないか」とおっしゃっているんですよね。実際に診てくださっているSTさんでもまだ断言できない状態なのに、ネット上でお子さんを診ないままで的確なアドバイスが出来る人はいないと思いますよ。

それに、たとえ構音障害だけが問題ということになったとしても、やっぱりSTの領域であることに変わりありません。障害名が変わることにより担当者が変わり、また担当者との関係作りからはじめなきゃいけない、ということにでもなるのであれば早めにわかったほうがいいのかもしれませんが。というわけで、疑問に思われることはそのSTさんにお尋ねください。お子さんの療育をするだけでなく、ご両親など、周りからの相談に乗るのもSTの仕事ですから。ちなみにですが。

構音障害を簡単に言うと、うまく発音出来ない障害です。本当に構音だけに問題があるとすれば、話し始めやことばの増え方、使い方などには問題がなく、ただ聞き取りづらいことばである、ということになります。確かに構音にも問題はあるようですが、書かれていることからはそれだけではなさそうな気がします。なお、特異的~が見当たらないことに関してですが、日本での言語聴覚士の歴史はまだ浅く、言語聴覚障害に関することも、まだまだこれから研究が進んでいくであろう段階です。専門書や学会誌であれば話は別ですが、一般の方向けに書かれているものはほとんどないでしょう。媚薬
トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。