So-net無料ブログ作成

アニサキスはの幼虫が海産動物に寄生によって発症する病気です [健康]

アニサキスは、線形動物門双腺綱桿線虫亜綱カイチュウ目アニサキス科アニサキス属に属する動物の総称で、海産動物に寄生する寄生虫である。ヒトにアニサキス症を発症させる原因寄生虫だが、ヒトへ感染するときには主にサケ、サバ、アジ、イカ、タラなどの魚介類から感染する。威哥王 販売
寄生されるとのたうち回るほど痛むそうで、手術で取り除かなくてはいけません。予防法としては、生魚などを食す場合、一度しっかり冷凍したものを調理するか、細かく叩いた調理にするかといった方法がメジャーです。経口接種後6~12時間で発症するそうです。胃に寄生する場合がほとんどですが、約8%で小腸にも寄生する。

アニサキス症:アニサキス亜科に属するアニサキス属、およびテラノバ属幼虫の寄生による消化管障害。ヒトが感染魚肉を生食すると、幼虫が胃や小腸粘膜に穿入し、急性腹症を呈します。アニサキスは低温に弱く、冷凍すれば死滅するといわれています。家庭内で近海ものの感染魚で刺身を作り摂食しますと、腹痛を免れません。一夜の冷凍で死滅するようですので、面倒でもその後に調理をなさるのが良いようです。鮮魚に付いているアニサキス幼虫は殆んど肉眼では分かりません。激症型では摂食後数時間で心窩部痛、悪心、嘔吐が発症します。寿司屋ではネタを冷凍すると味落ちするといい、冷凍しませんから寿司屋からの感染が多いようです。

食後数時間以内に、急激な上腹部痛や嘔吐などの症状で発症します。腹痛は、幼虫の胃粘膜への刺入による機械的刺激よりも、むしろアレルギー症状によると考えられています。まれに、アナフィラキシーショック症状に陥ることもあります。

新鮮な魚類を食べたあとに、突然の腹痛や嘔吐が起きたら、あわてずに内視鏡検査の可能な医療施設を受診してください。夜間など、すぐに受診できない場合は、症状の程度にもよりますが、翌日に受診してもよいでしょう。ヒトは、アニサキス類の好適宿主ではありません。そのため、ヒトの消化管では成虫に発育することはありませんが、いろいろな症状を示すことより、アニサキス症は重要な寄生虫病になっています。生鮮魚介類を好む日本人の食文化と密接な関係がある病気で、最も多い感染源はシメサバやイカです。蟻力神
トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。