So-net無料ブログ作成

アデノイドの肥大は、気道を狭くして、いびきの原因となることがあります [健康知識]

アデノイドの肥大は、気道を狭くして、いびきの原因となることがあります。肥満もいびきの原因になりやすいです。更に年齢的に咽喉(のど)や上気道の筋肉が弱ってくるころなので、舌が咽喉に落ち込みやすくなり、舌が気道を狭くしていびきを発生することも考えられます。仰向けに寝たり、口呼吸する習慣が身に着いているといびきをかきやすくなります。催情

しかしながら、いびき=睡眠時無呼吸症候ではありません。アデノイドだけでは病気とは言えません。単なるいびきでは病気とまでは言い難いでしょう。一方で、実際にSASと診断されたなら、治療の一つとしてアデノイドの切除も必要になるかもしれません。

いびきが突然止まって、1分くらい後に息継ぎするように大きな音で再びいびきが始まるような様子が見られるならば、SASの可能性が高いです。良く寝たつもりでも昼間に睡魔に襲われる等の自覚症状があるならば、SASが疑われます。程度の軽い重いは検査しないとわかりませんが、SASだと脳が酸欠を起こし血管にも負担がかかっていることになります。SASを甘く見ないほうが良いです。症状がひどくなれば、CPAPのような人工呼吸器を手放せなくなります。SASが長期間続けば、突然死の可能性も高くなります。

アデノイドとは、のどちんこの奥の鼻腔の突き当たりにある咽頭扁桃のことを指します。これが異常に肥大した状態をアデノイド肥大と言います。体質的なもので肥大することもあれば感染でそうなることもあります。3歳くらいから5,6歳になりやすく、だんだん小さくなって12歳くらいに治るみたいですね。呼吸困難、睡眠時無呼吸症候群が見られる、中耳炎を頻繁に起こして治らないなどの症状が見られたり、飲食に支障をきたしたりすると切除することがあります。

アデノイドが腫れているんですね。アデノイドは臓器の名前なんで、はれてなかったらほっておいても問題ないですよ。アデノイドは咽頭扁桃といい扁桃ですので炎症があれば抗生剤で治療します。口蓋扁桃は腫れてませんか?腫れていて、手術希望なら両方いっぺんに手術でとれます。入院は2週間くらいです。咽頭扁桃炎の症状はいびきなど呼吸困難な感じになります。いつも息苦しかったり鼻息が荒かったりしませんか?あと炎症なので発熱、易疲労感などの全身症状もでたりします。アデノイドは耳管の開口部の近辺に存在し、そこが炎症していると耳管を通り中耳炎になりやすくなりそうです。
ご主人に脅しとしていうなら敗血症になる可能性がある、というのはどうでしょう?かなり低い可能性ですが。催淫カプセル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。