So-net無料ブログ作成

夏バテしない体作りが解消法ですが、来年は体作りで乗り切ってください [健康]

夏バテは、クーラー依存や不規則な生活、栄養バランスの偏りによる自律神経失調によって体調を崩してしまうです。三体牛鞭
体調管理では、
1.起きる時間寝る時間がバラバラにならないように、生活リズムを整える
2.就寝時のクーラーのつけっぱなしはヤメて、寝る前にクーラーで冷やしておくか、1,2時間程度のタイマーにする。
3.お部屋の風通しを良くしてクーラーをあまり使わないようする。どうしてもクーラーを使用するのであれば、外の気温との差を5,6度程度にしておく。

夏バテしない体作りが解消法ですが、来年は体作りで乗り切ってください。
今年はもうすぐ夏も終わりです。夏バテするような暑いところを避けて、疲れやすいことはしないでください。毎日早めに涼しいところで十分睡眠を取りましょう。おいしい物、夏バテの付く物を食べましょう。あと少しがんばってください。

夏バテは、体が体温を平常に保とうとして、全エネルギーを集中的に使うので、結果、体がだるくなったり、思考力低下、食欲不振、下痢、便秘などが起こり、時に頭痛、発熱、めまいを伴うこともあります。これには交感神経、副交感神経が関係しており、自分の意識とは関係なく不具合が出ます。いわゆる気候によるストレスによるもので、自律神経失調症の一つです。これを防ぐのは、高蛋白質の食事、十分な睡眠、また、毎日の生活では、発汗時は水分や塩分などの補給等も必要ですが、年間を通じて体力づくり、免疫力を高める生活が大切で、夏になったからとあわてて生活改善しても間に合わない事が多いです。

理想的には寒さ、暑さに強い体力と言う事になります。ま、暑い時には冷たい麺類などの軽い食事や、ビールなどの多量飲酒をしがちですが、そればかりではなく、肉や魚などの蛋白質と共に、野菜、穀物などビタミンも口から摂るようにしましょう。ドリンクや栄養剤は補助食品です。こればかりでは夏バテは乗り切れません。その日の疲れが出た場合は入浴やマッサージなどして、翌日に疲れを持ち越さない事も大切です。

夏ばては身体がだるいので、 まず涼しい部屋で逆に温かい食べものを食べて ください 水分補給しながら そして お風呂に あがれば涼しい部屋でゆっくり寝てくださいね。夏バテを防ぐ食べ物というとウナギが思い浮かびます。ウナギはスタミナ食の代表選手といわれるように、体に抵抗力をつけるビタミンA、疲労回復に効果のあるビタミンB1、代謝をよくするヨウ素など、多くの栄養素を含んでいます。

あまり食欲がないなときには具をたっぷり載せためん類をお勧めします。錦糸卵やきゅうり、ハムなどや、大葉やみょうがなどの薬味をプラスして冷たいそうめんや中華麺にのせれば、暑いときにも食欲をそそります。また、ビタミンB1をたっぷり含む、ゴマダレを用意するのも良いですね。勃動力三體牛鞭

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。