So-net無料ブログ作成

悪性貧血というと、内因子分泌低下を原因とするビタミンB12欠乏による貧血を指すのです [健康]

貧血にも色んな原因があって、その中のひとつに腎性貧血と言う症状があります。蛋白尿が見受けられる場合だと腎臓機能が低下していると考えられますね。貧血を感じる程だと、かなり腎機能が低下していると思うので、投薬などの治療が必要になります。紅蜘蛛通販

悪性貧血はビタミンB12や葉酸の欠乏によって起こる貧血です。昔は原因不明の難病であったため悪性という名がついていますが、適切な栄養補給で回復が見込める貧血になります。溶血性貧血は赤血球が通常よりも短い期間で破壊されるために起こる貧血です。なぜ赤血球が破壊されるか原因は様々で、症状に応じた治療が要求されます。

血清中の鉄が減少してくると、フェリチンはトランスフェリンに鉄を供給し、多くなると、トランスフェリンから鉄をもらい貯蔵します。要するに、鉄を保管している倉庫の番人みたいなもので、血清中の鉄の増減をうまくコントロールしてくれています。鉄欠乏性貧血はまず、このフェリチンからなくなっていきます。
フェリチンの減少→血清鉄の減少→ヘモグロビンの減少というふうになります。
ですから、このフェリチンを検査すると、表向きは貧血でなくても、いずれ貧血になる可能性がある、かくれ鉄欠乏症が分かります。


悪性貧血というと、内因子分泌低下を原因とするビタミンB12欠乏による貧血を指すのですが、その辺の細かいことはともかく、ビタミンB12や葉酸の欠乏あるいは利用障害により、DNA合成障害の結果、すべての血球系統に成熟障害を引き起こします。巨赤芽球性変化がまず起こるため、それだけが起こると誤解されているようですが、成熟障害はすべての血球系統で生じております。血液検査上で、白血球減少と血小板減少も現れてくるのは末期になってからです。貧血症状と同時に、舌炎がみられます。またビタミンB12の欠乏が長く続くと、手足がしびれたり、知覚が鈍ったりします。

悪性貧血のほうが軽いと言えますが、特発性再生不良性貧血は軽い状態なのか重い状態なのかでかなり違います。症状からだけで病名ははっきりしません。どちらが重いというより、結婚を考えているならそのことを彼女とご両親に伝えて病名をご両親に聞くべきです。聞けるように彼女を説得するべきです。紅蜘蛛 激安
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。